自分に合っているのはどっち!?代理店型と通販型の違いや特徴とは

保険の加入方法による違い

自動車を購入した時に万が一に備えて加入をする自動車保険は大きく店舗型とダイレクト型の2種類に分類されます。一見するとどちらも同じように感じられますが、実際には細かい部分に違いがあるので注意が必要です。店舗型、ダイレクト型の大きな違いの一つに加入方法が挙げられます。店舗型は文字通り加入者が直接お店に足を運んで対面で契約を行うのが基本です。一方でダイレクト型はインターネット上の手続きだけで完了することができます。インターネットによる手続きは時間や曜日に制限がなく、自分の好きなタイミングで行えるのが特徴です。これにより、日中仕事をしていてお店に足を運ぶのが難しい、会社が休み日に行こうと思ったらお店も休みだったといった失敗もなくなります。

補償内容の決め方の違い

自動車保険に加入をするに当たって重要なポイントとなるのが補償内容です。保険は商品の特徴をしっかりと理解した上で自分に合った補償を付けるのが基本となります。契約者が直接お店に足を運んで対面で手続きをする店舗型は、担当のスタッフから詳しい説明を聞きながら決められるのが特徴です。一方インターネット上で手続きをするダイレクト型は説明を聞くことができないため、自分で一つひとつ調べなくてはいけません。補償内容を理解せずにあれもこれもと付けてお金を無駄にしてしまったり、必要な補償を付け忘れてしまう人も多いのが実情です。調べ物にストレスを感じない人は問題ありませんが、面倒に感じたり自分の選択に自信が持てないという人は店舗型が最適と言えます。