車に乗るなら絶対知らなきゃダメ!自賠責保険と任意保険の大きな違いとは

加入が義務づけられている自賠責保険

自賠責保険と任意保険の違いは、加入の義務です。自賠責保険は自動車損害賠償保障法によって加入が義務づけられており、車を購入する際に強制的に加入させられます。加入していない車は運転することができません。自賠責保険と任意保険では補償の範囲にも大きな違いがあります。自賠責保険は被害者に対する救済を目的にしたものであり、補償の対象となるのは被害者への損害に限られています。被害者の傷害や後遺障害、死亡に対して支払われますが、金額に上限があります。事故の規模によっては損害額が上限を超える場合もあり、自己負担が必要になるケースも少なくありません。また、損害を与えたのが他人の車やモノ、同乗している家族などの場合も補償が支払われないので注意しましょう。

自賠責保険で対応できない部分をカバーする任意保険

任意保険は加入するかどうかが運転手の自由となっている保険です。加入していなくても問題なく車を運転できます。任意保険は補償の対象が幅広く、基本的に自賠責保険では対応しきれない範囲を補うために加入される保険です。補償内容はプランによって様々であり、必要に応じて内容を選ぶことが可能です。例えば、事故を起こして相手の車を損傷させてしまった場合は自賠責保険の対象にはなりませんが、対物賠償の任意保険に加入していれば保険金が支払われます。同乗者や自分自身がケガをして入院することになった場合に、補償を受けられる任意保険もあります。任意保険には多種多様なものがあるので、保険料や補償内容を吟味した上で選ぶようにするのが重要です。