自賠責だけでは不十分?自賠責保険の目的や補償範囲について

自賠責保険の目的とは

自賠責保険は交通事故による被害者を救済するための保険で、公道を走行する車両には法律によって加入が義務付けられています。自賠責保険未加入で走行した場合には、1年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金が科されることが規定されています。未加入での走行は道路交通法による無保険運行に該当し、違反点数は6点になっていますので、無保険車で走行することは免許停止処分になります。自動車を運転する時には、自賠責保険に加入した時に発行される自賠責保険証明書を常に携帯することも義務で、これに違反した場合には30万円以下の罰金です。未加入や更新切れですと交通事故の被害者を救済できませんので、法律によって厳しく罰則を設けています。

自賠責保険の補償範囲

自賠責保険での保険金支払い最高額は、被害者1名死亡で3000万円、後遺症が残った損害に対しては4000万円、ケガの治療費などには120万円と決まっています。自賠責保険で補償される対象は交通事故にあった被害者だけです。運転者自身のケガや単独での人身事故、物への損害や自動車の修理費用は補償の範囲外です。加害者側の対応が不誠実で被害者が正当な補償を受けられない時には、被害者自身が直接、保険会社に支払いを請求できます。賠償額の確定に時間が掛かり治療費や葬儀代を払えない時には、保険会社に対して保険金の前払いを請求することもできます。この場合の保険金は全額ではなく、死亡ですと290万円、ケガの場合には状況に応じて40万円、20万円などと決まっています。